【北の国から】「一発のゴロ」の異名?黒板五郎の履歴書

「北の国から」資料館のシナリオ資料より

ASA
「北の国から」をより楽しむため、主人公黒板五郎に設定されたドラマ以前の履歴の紹介です。全て「北の国から」資料館(2016年8月閉鎖)にて公開されていた資料を元にしているよ
  • S20.1.5. 北海道上川郡下富良野町字麓郷 農業 黒板市蔵、うめ 五男として生れる。
  • S25.4.  同所麓郷小学校入学
5歳で小学校に入学しているが、当時の国民学校令においても小学校1年生は満6歳からなので、何かしらのミスであろう
  • S27.10.  父市蔵死亡
  • S31.4.  麓郷中学校入学
    教師田中文雄より剣道の手ほどきを受ける。
  • S33.7.  同校後輩吉本咲子に初恋。
    兄 直治に呼び出され、殴られてあきらめる。
  • S33.9.  剣道初段。交番の看板を盗んで捕まり、譴責処分。
  • S35.4.  富良野工業高校入学、剣道部に籍を置く。
  • S35.10.  次兄、三兄を炭坑事故で同時に失う。同じ頃、富良野女学校一年生牛久山百合子と恋愛、童貞喪失、同時に一発で妊娠さす。(友人カンパで処分し、表沙汰にならず)
  • S36.11.  百合子友人前野タカコと恋愛、又一発で妊娠。(同上処分)前後して元同級生菅原絹子も妊娠させ、「一発のゴロ」の異名をとる。
キツツキ
16歳までに3人の女性を妊娠させてしまっているね。。これが「一発のゴロ」の異名の元だね
ASA
ドラマの中の黒板五郎からは想像もできない。。。

黒板五郎の履歴S20.1.5~S36.11(出典:北の国から資料館)

  • S37.4.  同校卒業と同時に集団就職で上京、東京田端の中村製鋼所に旋盤工見習として入る。自動車免許とる。
  • S38.1.  母うめ死去。
  • S39.12.  つとめ先事務員岡田みどりと不祥事を起し、馘になる。
  • S40.3.  東京上板橋あけぼの自動車修理工場に見習いとして入社。
  • S40.10.  正社員に採用。
  • S42.5.  中央区築地高津自動車サルベージへ転職。
  • S43.2.  同社近くの栗山理髪店店員宮前令子(当20才)を知る。
  • S43.6.  周囲の反対を押し切って(子供ができたので)結婚。24才。
キツツキ
純ができてからの授かり婚だね
  • S44.1.  長男純誕生。
  • S46.5.  交通事故起し、会社を馘になる。
  • S46.6.  青山三丁目、坂田商会ガソリンスタンドに入社。
  • S47.1.  長女蛍誕生。

黒板五郎の履歴S37.4~S47.1(出典:北の国から資料館)

  • S51.4.  坂田商会淀橋支店に配転。この頃より妻令子、新宿の美容院「ニュー・ワカバ」につとめ出す。
  • S53.12.  令子に男が出来たことを知る。
  • S54.5.  令子、突如逐電。呆然。
  • S55.4.  北海道へ帰る。

このドラマは五郎の挫折から始る。五郎は令子を愛していたし、心の底から信じていた。

このドラマは純の手紙による形態をとるが、手紙の枠を超え非常にしばしば五郎の傷跡に入りこんでくる。その中で五郎は妻を責めない。逃げられたのは己の責任だと、いつもどこかで苦しんでいる。

黒板五郎の履歴S51.4~S55.4(出典:北の国から資料館)

ASA
人に歴史あり、ってことだね。想像もできない過去もあるけれど、ドラマがより面白く見れそうだね

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク