【never young beach】2018.10.18@岡山 YEBISU YA PROセットリストとかまとめ

never young beach

Member
安部勇磨-Abe Yuma-(Vo&Gt)
阿南智史-Anan Satoshi-(Gt)
巽啓伍-Tatsumi Keigo-(Ba)
鈴木健人-Suzuki Kento-(Dr)

with森雄大 (support-Gt) from「neco眠る」

2018.10.18 10inch Vinyl ReleaseTOUR「うつらない/歩いてみたら」@岡山YEBISU YA PRO

うつらない/歩いてみたら [Analog]

うつらない/歩いてみたら [Analog]

never young beach
1,797円(09/19 01:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

⇑これのレコ発ツアーです!MCの中でもありましたが、会場でもあまり買われていないみたいです!レコードだからかな!?いい曲です!飾ってもおしゃれですw

1st

YASHINOKI HOUSE

YASHINOKI HOUSE

never young beach
1,944円(09/19 01:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

2nd(個人的にはこれに入っている「お別れの歌」が一番です!今回のライブでもラストにしてくれました!)

fam fam

fam fam

never young beach
2,185円(09/19 01:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

3rd

A GOOD TIME

A GOOD TIME

never young beach
1,728円(09/19 01:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

地下2階にあるライブハウス前のビルで開演を待つ。

 

19:30開演とともにメンバーステージに現れた!そして登場とともに曲を始めました!

セットリスト

1.散歩日和に布団がぱたぱたと

2.雨が降れば

3.CITY LIGHTS

ここでボーカル安倍くんが「どうもーnever young beachです!」と次曲「なんかさ」のイントロの中で言う。

4.なんかさ

ここでMC。「前回の東京では緊張しまくったけれど、今日はしゃべります!」と安倍くん。確かにMC多くて、楽しいライブでした。

5.白い光

6.海辺の町へ

ここでMC。ギターサポートメンバー「neco眠る」の森雄大さんの紹介。安倍くんが好きなバンドらしい。しゃべるのが苦手だという森さんを安倍くんはいじるw

サポートの森さん。うつむき加減でギターを弾いて「自分のバンドでは後ろ向き、never young beachでは前を向けて弾けるからありがとう」とw

確かに⇑の「neco眠る」では客席にお尻を向けてギター弾いてるw

「neco眠る」の曲。頭から離れなくなる曲が多く、never young beachとは全然違うけれど、いい!

そして次の曲。

7.どうでもいいけど

8.Motel

9.あまり行かない喫茶店で

10.Pink Jungle House

ここでMC。安倍くんのテンションが結構上がっている。前曲のPink Jungle Houseは予定外の曲だったらしい。「こんな曲誰が聞くんだ!?」って自虐w。

11.歩いてみたら

MC。メンバーとの掛け合い。メンバーと仲が良いのがわかるw一緒に見ているというサッカーのDVDの監督の真似とか、一緒にDVDとか見るんだ!

12.夢で逢えたら

13.うつらない

MC。先ほどのサッカーの話。なんのDVDか気になる!

14.新曲「いつも歩いている」(?)(って、曲名に聞こえた気がするけれど、違うかも。。)

ゆっくりとしたポップな曲。歌詞はしんみりとする。

クライマックスは〜♪って繰り返しが耳に残っている

MC。次が最後の2曲!

15.SURELY

16.fam fam

以上16曲!そしてすぐにアンコール!!

安倍くんから客席に「何の曲聞きたい??」と、曲席からすぐに「明るい未来!!」とレスポンス。安倍くんは「明るい未来」をみんなが本当に聞きたいのか?と、自分たちは週3回くらい曲をしているから、よく分からなくなってきた、と。でもお客さんの反応を見て、毎回やると決めていましたw

17.明るい未来

18.お別れの歌

あっという間の1時間半!次の新曲リリースが楽しみなnever young beachでした!

 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク