【セッション】ラスト15分。正統派の仕返しが見ものの映画です!

最近刺激が少ないなーという、そんな人におすすめの映画がこれ「セッション」です!

セッション(字幕版)

セッション(字幕版)

マイルズ・テラー, J・K・シモンズ, ポール・ライザー, メリッサ・ブノワ, オースティン・ストウェル
Amazonの情報を掲載しています

あらすじ

あらすじはwikipediaセッションに詳しいですが、かいつまんで言うと、音楽学校でドラムの勉強をする青年ニーマン(マイルズ・テラー)が、超パワハラとも言える教授フレッチャー(J・K・シモンズ)の圧力的な指導にくじけるが、最後に音楽でやり返すという話。

ASA
相変わらず、かいつまみすぎですが。。

「セッション」より

これがフレッチャー教授。このスキンヘッド、こう見ただけでも悪そうですねーw

「セッション」より

ニーマンとフレッチャー教授。この映像が二人の関係をよく表していますw

怒鳴り続けるフレッチャーとそれに耐えるニーマン。終始こんなシーンが続くので結構しんどいw

バディリッチやチャーリーパーカーなんかの名前も出てきますが、そんなにジャズやバンドのことを知らなくても映画は楽しめます。

そしてかなり飛びますが、ラストシーン。

学校を辞めたニーマンと同じく教授を辞めたフレッチャー。フレッチャーが教授を辞めた(辞めさせられた)のはニーマンのパワハラのような指導の密告が原因でもあり、フレッチャーはそれを知っていた。

二人はひょんなところで再会し、フレッチャーのバンドにニーマンが入ることに。

スカウトが見にきていてプロとの契約さえ期待されるステージ。それはつまりヘマをすると、もう一生音楽から手を引かないといけなくなるかもしれない。

フレッチャーの仕返し

ラスト17分30秒。そんなステージ上で、ニーマンの恥をさらさせよう考えているフレッチャー。

みんなと違う楽譜がニーマンの席に置かれていた。いきなりそんな状況では、叩けるドラムも叩けるはずがない。

「セッション」より

⇑ニーマンの楽譜。WHIPLASH。

「セッション」より

⇑みんなの楽譜。UPSWINGING。

ニーマンはドラムを叩けず、曲が終わって一人でステージから立ち去る。。

ニーマンの仕返し

しかしラスト14分15秒頃、ニーマンの仕返しが始まる。

ニーマンはドラムの席に戻り、フレッチャーの決めた曲を無視して、自分の叩けるドラムで勝手に曲を始める。

そしてそれだけではない。

ラスト10分頃、曲が終わってもドラムを叩き続ける。

ひたすら、これでもかと手から流れた血でドラムを血まみれにしながら。

そして反対にフィッチャーに指示をして、独壇場でドラムを叩き続けるその姿はヤバいですwずっと一人で叩き続けます。これまでのフレッチャーへの思いを全てドラムにぶつけます。

少し意味は違いますが、この派手などんでん返しは圧巻です。終始疲れる映画ですが、ラストのカタルシスは大きい映画です!

ぜひ実際に楽しんでください!

セッション(字幕版)

セッション(字幕版)

マイルズ・テラー, J・K・シモンズ, ポール・ライザー, メリッサ・ブノワ, オースティン・ストウェル
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク