【知らなきゃ損するオノマトペ】かっぺかっぺ、かっらかっら

知らなきゃ損するオノマトペ、今日から使えるオノマトペのご紹介です。

オノマトペ
かっぺかっぺ

 

意味
かたまってこわばるさま。「かっぺかぺ」ともいう。青森県・栃木県・北陸地方・岐阜県。

「柿のシブ(渋とり)したら手がかっぺかっぺになった」〈福井県〉

「長いこと洗わんもんやさかいに(洗わないものだから)かぺっかぺんなっとる」〈石川県〉

(出典:小野正弘、擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典、小学館、2007年)

 

オノマトペ
かっらかっら

 

意味
強弱をつけながら豪快に高く笑う声。また、そのさま。→かんらかんら。

「為成かっらかっらとわらひ」〈浄瑠璃ー花洛受法記・近松門左衛門〉

(出典:小野正弘、擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典、小学館、2007年)

キツツキ
オノマトペをバリバリ使おう!
擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

小野 正弘
6,600円(11/19 19:52時点)
発売日: 2007/10/27
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク