【知らなきゃ損するオノマトペ】からりずん、からりちん

知らなきゃ損するオノマトペ、今日から使えるオノマトペのご紹介です。

オノマトペ
からりずん

 

意味
一刀のもとに力強く斬り下げるさま。ばらりずん。

「懐かしやと寄所を片手なぐりに腰のつがひ、くはらりずんと切り下げられ」<浄瑠璃ー鑓の権三重帷子・近松門左衛門>

(出典:小野正弘、擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典、小学館、2007年)

 

オノマトペ
からりちん

 

意味
❶かたいものに軽やかに当たる音。また、そのさま。

からりちん時雨の音やかはら茸<貞徳>」〈俳諧ー崑山集〉

意味
❷財産などがまったくないさま。すってんてん。ちんからり。

「波羅門の三(さぶ)といふた、からりちんの時とは違ふ、横山三郎大名客、今では憎うごんすまいと」〈浄瑠璃ー小栗判官車街道・竹田出雲〉

(出典:小野正弘、擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典、小学館、2007年)

キツツキ
オノマトペをゴリゴリ使おう!
擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

小野 正弘
6,480円(08/25 23:25時点)
発売日: 2007/10/27
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク