【知らなきゃ損するオノマトペ】かんごり、がんじ

知らなきゃ損するオノマトペ、今日から使えるオノマトペのご紹介です。

オノマトペ
かんごり

意味
狭くこもっているさま。すきまなく囲むさま。

「秋の末さびしうさむなるほどに、座敷をもかんごりと冬がまえをして」<詩学大成抄>

「あたたかに寝る露の手枕〈安静〉かんごりとたてて待ぬる花の宿〈正章〉」<俳諧ー紅梅千句>

(出典:小野正弘、擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典、小学館、2007年)

 

オノマトペ
がんじ

 

意味
❶動かないようにかたく締めるさま。

「こがねの轡車かむしとかませ、錦のたづなゑってかけ」〈幸若ー大織冠〉

意味
❷太刀風鋭く切り払うさま。

「べんけい是を見て、もってひらいて、よこて切にがんじときる」〈浄瑠璃ー安宅高館〉

(出典:小野正弘、擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典、小学館、2007年)

キツツキ
オノマトペをゴリゴリ使おう!
擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

小野 正弘
6,600円(11/14 18:28時点)
発売日: 2007/10/27
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク