【知らなきゃ損するオノマトペ】ごろちゃら、ころりからり

知らなきゃ損するオノマトペ、今日から使えるオノマトペのご紹介です。

オノマトペ
ごろちゃら

 

意味
ものが雑然と放置されてあるさま。また、いい加減に過ごすさま。

「私の盗だ嗽茶碗が<略>久しく私の家にゴロチャラしていた」<福翁自伝・福沢諭吉>

(出典:小野正弘、擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典、小学館、2007年)

 

オノマトペ
ころりからり

意味
かたく小さいもの、かたくかわいたものなどが、転がりぶつかってたてる音。

「又湊へ舟が入るやらうからろのをとがころりからりと」<歌謡ー閑吟集>

(出典:小野正弘、擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典、小学館、2007年)

キツツキ
オノマトペを使おう!
擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典

小野 正弘
6,480円(09/18 13:10時点)
発売日: 2007/10/27
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク