【割り勘は割り増しになっている件】一人だけが払うほうが良い理由

割り勘というコスト

例えば、4人でご飯を食べに行って、お会計10000円の時、レジで1人2500円ずつ払う。

 

レジで割り勘はブサイクだし、お店によっては「割り勘はやめてね!」って場合はテーブルで割り勘して、誰かがまとめて支払う。

 

でもそれって、1人2500円じゃなくて実質1人2800円、合計11200円くらいになってるんですよ。

 

なんで?って?

 

率直に言って、お金を払うって、色々煩わしくて嫌じゃないですか?

 

財布からお札出して、小銭出して、ちょうどのお金が無くて、支払って、お釣り待って、などなど。

 

そういうストレスって=コスト、ってなのです。

 

ゼロコストのコスト

これはダン・アリエリー「予想通りに不合理」の「3章 ゼロコストのコスト」に出てくる話を参考にしています。

本ではそのコストの単位を「痛」としてます。

 

支払うこと1回を300痛=300円と考えて、皆が割り勘で払うと1人300痛=300円として、1200円のコストが余計にかかっていると考えられるのです。もちろん実際には支払いませんので1200痛と言ったほうが良いですね。

 

でもお店には必ず支払わなければいけない。

 

だったら1人だけが支払う方が良い。

 

1人が支払ったら300痛+αくらいで済むから。(金額によるところはありますが、全員で払うよりは「痛」は少ない)

 

仲の良い4人だったら、今回はAさんで次の食事の時はBさんで、と順番で1人だけが支払うほうが、何かとコストが抑えられ、ストレスも抑えられるのです。

 

でも仲良しではなくて、割り勘せざるを得ない時は意味がないかもしれない。

 

だったら電子マネーが使えますね。

 

割り勘機能

先程の支払うコストって、要は、現金で支払う場合が一番痛いのです。

 

現金って患わしいくせに、誰もが執着がある。

 

だから現金を支払う=離れていく、ってストレスになるのです。

 

だからクレジットカードってついつい使ってしまう。現金なのに現金じゃない、そして現金の姿を見なくていいのに価値交換できるから。

 

同じように電子マネー。

 

paypayは今、猛威をふるって広まっていますが、割り勘機能もあって「痛」を限りなく減らす機能です。

 

現金を見ずに支払いできる!

 

割り勘機能の説明はこちら↓

 

クレジットカードや電子マネーって目に見えないコストを限りなく減らしてくれるもの。

 

10,000円支払うにもpaypayだったら30痛くらいな気もしますw

 

ストレスを少しでも減らしたいなら、クレジットカードやpaypayなんかの電子マネーは絶対おすすめ!

 

現金の呪い――紙幣をいつ廃止するか?

現金の呪い――紙幣をいつ廃止するか?

ケネス・S・ロゴフ
発売日: 2017/04/10
Amazonの情報を掲載しています
ずる――噓とごまかしの行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ずる――噓とごまかしの行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ダン・アリエリー
880円(10/22 01:19時点)
発売日: 2014/09/10
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク