【北の国から】ドラマスペシャル83’冬まとめ

皆さん一度は見ていると思う「北の国から」ですが、、、えっまだ見ていない?

そんな人のために「北の国から」を第一話からダイジェストでご紹介!

「北の国から」は移住者のための話。

言うなら都会VS田舎の構図でみると分かりやすい話。

地方への移住を考えている人、移住をためらっている人がいるなら是非一度見て欲しい。

「北の国から」⇓これで見れますw!

最終話の主な登場人物

黒板五郎(田中邦衛)・・・主人公

黒板(宮前)令子(いしだあゆみ)・・・五郎の妻

黒板純(吉岡秀隆)・・・五郎と令子の長男

黒板蛍(中嶋朋子)・・・五郎と令子の長女

黒板兵吉・・・五郎の父、純と蛍の祖父

宮前雪子(竹下景子)・・・令子の義妹、「雪子おばさん」の愛称

山本恵子(永浜三千子)・・・純の東京の同級生、「恵子ちゃん」の愛称

北村草太(岩城滉一)・・・「草太兄ちゃん」の愛称富良野の牧場で働く男。ボクシングをしている。

北村清吉(大滝秀治)・・・草太の父、五郎の父方の伯母の子で、五郎の従兄

北村正子(今井和子)・・・草太の母

中畑和夫(地井武男)・・・五郎の同級生で経営者、「中畑のおじさん」の愛称

中畑みずえ(清水まゆみ)・・・中畑のおじさんの妻

吉本つらら(松田美由紀)・・・草太の彼女。行方不明になっている。

吉本辰巳(塔崎健二)・・・つららの兄

吉本知子(今野照子)・・・辰巳の妻

中畑和夫(地井武男)・・・五郎の同級生で経営者、「中畑のおじさん」の愛称

中畑みずえ(清水まゆみ)・・・中畑のおじさんの妻

中畑すみえ(塩月徳子)・・・中畑のおじさんの娘、純の友人

松下豪介(南雲祐介)・・・「クマさん」の愛称中畑のおじさんの会社で働く男

涼子先生(原田美枝子)・・・純と蛍の小学校の先生

こごみ(児島美ゆき)・・・スナック「駒草」のホステス。五郎がイカダ下りで出会う。

成田 新吉(ガッツ石松)・・・草太が通うボクシングジムの会長

笠松杵次(大友柳太朗)・・・正吉の祖父で偏屈もの。

笠松正吉( 中澤佳仁)・・・純の同級生で、親友。

笠松みどり(林美智子)・・・五郎の幼馴染で正吉の母

沢田 松吉(笠智衆)・・・かつて豆で儲けて、豆大臣と呼ばれた老人。現在は家族を捨てて、東京へ行っている。

沢田 妙子(風吹ジュン)・・・松吉の孫娘。

 

DVD「北の国から」より

ASA
ドラマシリーズから1年半後の話。

雪子は東京にいて、富良野の中畑木材は火事に!!

そして11月から五郎と熊さんは東京へ出稼ぎに来ていた!その間、富良野にいる純と蛍は二人で生活していたんだ

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
1230日、純と蛍は五郎を駅へ迎えに行くところ。

そのころの草太といえば、花嫁探しに奔走しているんだw

草太はいつでも花嫁探しだねw

 

 

DVD「北の国から」より

ASA

中畑さんから、正吉が家出をして、捜索願いが出ているという!?もちろん純も蛍もどこにいるのかなんて知らない

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
大晦日、お参りに来た神社に正吉がいた!

そして純と正吉は一緒にお風呂に入っているところ。

そこで正吉はあそこに毛が一本生えて自慢している笑

 

DVD「北の国から」より

ASA
翌朝、正吉の母親みどりがやってきた。

正吉がしばらく五郎と純と蛍と一緒に住むことになったんだ

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
そして突然、黒板兵吉のことを知る老人がやってきた!

兵吉は五郎の父親で純と蛍のおじいちゃんにあたる人。

老人は純と蛍、正吉にお年玉をくれたけれど、中身はそれぞれたった50円笑笑

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
老人は沢田の松吉さんという人で、かつて富良野で、豆で大儲けした豆大臣と呼ばれた人だった!

しかし大儲けして遊び過ぎて、家族を捨てて、キャバレーの人と駆け落ちしたという過去が。。。

その後、松吉さんは東京で医薬品の会社で現在は会長をしていて、今回ふと帰ってきたというが、、、

あざみの歌(八洲秀章)

あざみの歌(八洲秀章)

250円(09/23 10:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
五郎のもとに高山産業の高山という男が。

五郎は、みどりの借金700万円の連帯保証人となっていて、みどりが払えなくて逃げ回っているという

五郎ももちろんお金がないが、今住んでいる土地を出せと言われている。。。

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
沢田松吉さんがまた翌日のお昼にやってきた。

彼は昔のことを懐かしみ、純と蛍の祖母のことや、笠松杵次のことを話した。

そして杵次に会いたい、と言うが、亡くなったことを知らない。

松吉はまたお年玉と言って渡すが、また50円ずつ。。。

 

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
五郎は借金のことで旭川へ行っているが、借金の噂を知った中畑さんと新吉が夜遅くにやってきた。

みどりの借金はどうやら博打で作ったという。。。

 

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
草太はまた新しい女の人で松吉さんの孫娘の妙子を見つけ、彼女が働くラーメン屋へ純と正吉を連れてきた!

 

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
純と正吉はラーメンを食べ終わったら、適当に帰れと言われ、正吉の悪知恵で草太の車の後ろに隠れて乗っていようということになって乗っているところ笑

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
草太は純と正吉が乗っているなんて知ることも無く車を出し、車の中でみどりの借金と五郎の連帯保証人のことをベラベラと話してしまうんだ。

そして松吉さんがその借金の代わりに自分の山を売れ、という話をしたというが。。。

 

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
草太と妙子がラーメンを食べにきて車が止まった隙に、純と正吉は車を降りた。

気まずい二人は静かに歩いて帰ったんだ

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
妙子は、祖父の松吉が山を売れと言った話で、そんな売るような山など無いようで。。。

松吉はすっかりボケてしまったようで、昔と今の区別が何もついていないらしい

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
五郎は清吉のところへ、借金の相談に来ていた。

五郎は誰にも頼れないことだと言い、土地を手放すしかないが、清吉は土地だけは手放すなと言ったんだ。

松吉が山を売れと言ったことも、清吉が変だと言い、草太も妙子に聞いたようにそんな山はないんだということを話した

 

 

DVD「北の国から」より

雪下ろしの途中で屋根に置かれたスコップ

 

DVD「北の国から」より

ASA
花札で遊ぶ正吉。純も正吉も草太の車の後ろで聞いた件もあり、決して楽しそうにしていない

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
雪下ろしもせず、帰ってきた五郎に挨拶もせず、花札のようなバクチのようなもので遊ぶ正吉に五郎は怒り、正吉の花札を取り上げ、窓の外へ投げ捨てた。

五郎のみどりへの怒りにも似た感情はみどりの子である正吉へ向けられたけれど、それもなんとも言えないところだね

 

 

DVD「北の国から」より

正吉は家を飛び出し走っていった!!

 

DVD「北の国から」より

ASA
蛍は五郎の投げ捨てた花札を拾いながら、順から借金の件を聞いたのか、「家が無くなるの?」と五郎に尋ねているところ。

正吉もそのことを知っているんだ、と五郎に言うと、五郎はただ「そうか」と言った

 

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
その夜、みどりが丸太小屋に現れた。しかしすぐに汽車に乗って出るという

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
「もう富良野には帰れない」と言うみどりに、五郎は「そんなこと言うな、そんなバカなことを言うな」と言う。そして「金のことは忘れろ」と、それに「純や蛍が喜んでいるから、正吉はしばらく預かる」と言ったんだ。

家がなくなるかもしれない原因を作った相手にも決して厳しい態度を取らず、優しい言葉をかける五郎の人柄が表れているシーンだ

 

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
その夜、正吉は丸太小屋に帰ってこず、翌朝になっても正吉は戻らなかったんだ。五郎と純と蛍は朝になり色々と探したけれど見つからない。。。

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
そんな中、屋根の雪下ろしがされているのを蛍が見つけた!近くに正吉がいることがわかったんだ!

 

 

DVD「北の国から」より

雪下ろしをしたスコップと正吉の帽子

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
五郎はふと思い、屋根の下の雪を掘り出し始めると、、、

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
そこには正吉が雪の中に埋まっていた!五郎に言われた雪下ろし、五郎を喜ばせるために雪下ろしをしたんだ

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
正吉は雪の中に一時間ほど埋まっていたが、奇跡的に回復したんだ!

 

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
五郎の借金についてはみんなが奔走し農協から借りてなんとかなることになったんだ。

みんなの助け合いで事態はなんとか収拾がつきそうだった

 

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
それから、五郎の丸太小屋にみんなが集まった。

妙子は、祖父の松吉には山一つは愚か、何も残って無いことをみんなの前で言ったんだ。

30年前、借金だけの残し、何もかも捨てていき、悪いことだけは忘れて、ボケて帰ってきた松吉だった

 

 

DVD「北の国から」より

その夜、雪の中に豆をまき始めた松吉、かつて豆で大儲けをした良かった頃の過去、色々な幻想がよぎりもう亡くなった人たちともう一度農業をしようと考えている。。。

 

 

DVD「北の国から」より

五郎はまた出稼ぎのためたっていった。

 

 

DVD「北の国から」より

正吉が一緒に住むことになり、それからは三人の生活が始まったんだ

 

 

「北の国から」⇓これで見れますw!

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク