【北の国から】ドラマスペシャル89’帰郷(①蛍編)まとめ

皆さん一度は見ていると思う「北の国から」ですが、、、えっまだ見ていない?

そんな人のために「北の国から」を第一話からダイジェストでご紹介!

「北の国から」は移住者のための話。

言うなら都会VS田舎の構図でみると分かりやすい話。

地方への移住を考えている人、移住をためらっている人がいるなら是非一度見て欲しい。

「北の国から」⇓これで見れますw!

主な登場人物

黒板五郎(田中邦衛)・・・主人公

黒板(宮前)令子(いしだあゆみ)・・・五郎の妻

黒板純(吉岡秀隆)・・・五郎と令子の長男

黒板蛍(中嶋朋子)・・・五郎と令子の長女

黒板兵吉・・・五郎の父、純と蛍の祖父

宮前雪子(竹下景子)・・・令子の義妹、「雪子おばさん」の愛称

山本恵子(永浜三千子)・・・純の東京の同級生、「恵子ちゃん」の愛称

北村草太(岩城滉一)・・・「草太兄ちゃん」の愛称。富良野の牧場で働く。

飯田(北村) アイコ(美保純)・・・純の同級生広介の姉でつららの友人。草太の彼女となり、やがて結婚する。

北村清吉(大滝秀治)・・・草太の父、五郎の父方の伯母の子で、五郎の従兄

北村正子(今井和子)・・・草太の母

中畑和夫(地井武男)・・・五郎の同級生で経営者、「中畑のおじさん」の愛称

中畑みずえ(清水まゆみ)・・・中畑のおじさんの妻

中畑和夫(地井武男)・・・五郎の同級生で経営者、「中畑のおじさん」の愛称

中畑みずえ(清水まゆみ)・・・中畑のおじさんの妻

中畑すみえ(塩月徳子)・・・中畑のおじさんの娘、純の友人

松下豪介(南雲祐介)・・・「クマさん」の愛称中畑のおじさんの会社で働く男

涼子先生(原田美枝子)・・・純と蛍の小学校の先生

こごみ(児島美ゆき)・・・スナック「駒草」のホステス。五郎がイカダ下りで出会う。

成田 新吉(ガッツ石松)・・・草太が通うボクシングジムの会長

笠松杵次(大友柳太朗)・・・正吉の祖父で偏屈もの。

笠松正吉( 中澤佳仁)・・・純の同級生で、親友。

笠松みどり(林美智子)・・・五郎の幼馴染で正吉の母

沢田 松吉(笠智衆)・・・かつて豆で儲けて、豆大臣と呼ばれた老人。現在は家族を捨てて、東京へ行っている。

沢田 妙子(風吹ジュン)・・・松吉の孫娘。

井関 利彦(村井国夫)・・・雪子の東京の不倫相手。奥さんと別れて、雪子と一緒になることに。

大里 れい(横山めぐみ)・・・純の中学校の初恋の相手(本当の初恋は恵子ちゃん!?)

飯田 広介(古本新之輔)・・・純の同級生

中津 チンタ(永堀剛敏)・・・純の同級生

宮田 寛次(シンジュク)(布施博)・・・富良野の電気工事会社に勤め、草太を先輩と慕う。

和久井 勇次(緒形直人)・・・蛍の初恋の相手。電車の中で出会う。

エリ(洞口依子)・・・純にバイクを売りつけてきた女。

赤塚 満治(矢野泰二)・・・純の定時制高校の同級生で、働いている工場の同僚。

水谷(水上功治)・・・純の働く工場の先輩

 

DVD「北の国から」より

ASA
すっかり大きくなった蛍!中学卒業後、制服を着て、旭川の看護学校へ毎日通っているんだ

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
彼が、蛍が恋に落ちた男 和久井勇次、毎朝毎晩乗る電車で一緒になるんだ。三浪中で予備校に通う学生だよ。

彼は電車の中で宮沢賢治の風の又三郎を読んでいるよ。蛍も同じ本を買って読み始めるんだ

風の又三郎

風の又三郎

宮沢 賢治
発売日: 2012/09/27
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
旭川にある竹内病院の肛門科で助手として働く蛍。

その蛍の勤める肛門科に患者としてきた彼!!勇次は痔主だったw

二人が初めて出会うシーンは看護助手と患者というなんとも言えない場面なんだ

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
その夜、帰りの駅で一緒になり、電車にのって一緒に帰る二人。

出会い方は変だったけど、ここから二人は仲良くなっていくんだ

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
蛍と勇次が一緒にいる姿を見てしまう五郎w

五郎にとってはとんでもないものを見てしまい、その後も色々と蛍の行動が気になってしまうんだ笑

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
そこからデートを重ね、仲良くなっていく二人(バックミュージックは長渕剛「乾杯」)

二人はもともと電車の中でお互いの姿を見て、気になっていたもの同士で、仲良くなるのも早いw

乾杯 (24bit リマスタリングシリーズ)

乾杯 (24bit リマスタリングシリーズ)

長渕剛
2,120円(09/22 12:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

DVD「北の国から」より

蛍「東京にでるの?いつ?年内?」

ASA
電車の中で出会った勇次の叔母に、勇次は「まだ東京に行っていないの?」と言われているのを聞き、蛍は気になっているんだ

 

 

DVD「北の国から」より

勇次「東京になんか行きたくないんだ!俺はずっと富良野にいたいんだ!」

キツツキ
勇次はそう言いながら、大きな木に二人のイニシャルHYを掘っているんだ。

青春!!

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
蛍は将来についての話を改めて五郎にしているところ。

いずれは旭川に住み込みになることを言っているんだ。

五郎は一人になってしまう寂しさを噛み締めている様子

 

 

DVD「北の国から」より

そして蛍の戴帽式。正式に看護師になりました。

続いては純の話へ⇓

 

 

【北の国から】ドラマスペシャル89’帰郷(②純編)まとめ

2019.09.01

 

「北の国から」⇓これで見れますw!

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク