【北の国から】ドラマスペシャル95’秘密(前編)まとめ

皆さん一度は見ていると思う「北の国から」ですが、、、えっまだ見ていない?

そんな人のために「北の国から」を第一話からダイジェストでご紹介!

「北の国から」は移住者のための話。

言うなら都会VS田舎の構図でみると分かりやすい話。

地方への移住を考えている人、移住をためらっている人がいるなら是非一度見て欲しい。

「北の国から」⇓これで見れますw!

最終話の主な登場人物

黒板五郎(田中邦衛)・・・主人公

黒板(宮前)令子(いしだあゆみ)・・・五郎の妻

黒板純(吉岡秀隆)・・・五郎と令子の長男

黒板蛍(中嶋朋子)・・・五郎と令子の長女

黒板兵吉・・・五郎の父、純と蛍の祖父

宮前雪子(竹下景子)・・・令子の義妹、「雪子おばさん」の愛称

山本恵子(永浜三千子)・・・純の東京の同級生、「恵子ちゃん」の愛称

北村草太(岩城滉一)・・・「草太兄ちゃん」の愛称富良野の牧場で働く男。ボクシングをしている。

北村清吉(大滝秀治)・・・草太の父、五郎の父方の伯母の子で、五郎の従兄

北村正子(今井和子)・・・草太の母

中畑和夫(地井武男)・・・五郎の同級生で経営者、「中畑のおじさん」の愛称

中畑みずえ(清水まゆみ)・・・中畑のおじさんの妻

吉本つらら(松田美由紀)・・・草太の彼女。行方不明になっている。

吉本辰巳(塔崎健二)・・・つららの兄

吉本知子(今野照子)・・・辰巳の妻

中畑和夫(地井武男)・・・五郎の同級生で経営者、「中畑のおじさん」の愛称

中畑みずえ(清水まゆみ)・・・中畑のおじさんの妻

中畑すみえ(塩月徳子)・・・中畑のおじさんの娘、純の友人

中畑 ゆり子(立石凉子)・・・中畑和夫の妹。夫と死別している。

中畑 努(六浦誠)・・・中畑ゆり子の息子

松下豪介(南雲祐介)・・・「クマさん」の愛称中畑のおじさんの会社で働く男

涼子先生(原田美枝子)・・・純と蛍の小学校の先生

こごみ(児島美ゆき)・・・スナック「駒草」のホステス。五郎がイカダ下りで出会う。

成田 新吉(ガッツ石松)・・・草太が通うボクシングジムの会長

笠松杵次(大友柳太朗)・・・正吉の祖父で偏屈もの。

笠松正吉( 中澤佳仁)・・・純の同級生で、親友。

笠松みどり(林美智子)・・・五郎の幼馴染で正吉の母

井関 利彦(村井国夫)・・・雪子の東京の不倫相手。奥さんと別れて、雪子と一緒になることに。

小沼 シュウ(宮沢りえ)・・・純と交際するが、かつてアダルトビデオに出演していたことが分かりギクシャクする。

黒木夫人(大竹しのぶ)・・・蛍の不倫相手の医師の妻

黒木 久(井筒森介)・・・蛍の不倫相手の息子。父親がいなくなったことで純を訪ねてくる。

久の友人(野村祐人)・・・蛍の不倫相手の息子の友人。久とは違って血の気の多い性格。

 

DVD「北の国から」より

五郎は立派な石の家が完成し、植えていた蕎麦の実を収穫しているところ(もちろん足の伸ばせる手作りの風呂もある!)

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
純は市役所の臨時職員で環境管理課つまりゴミ収集の仕事をして、自衛隊を退官した正吉と一緒に住んでいるんだ!

(鏡の前にあるのはレイちゃんの写真。正吉にはシンディ・ローパーにそっくりの彼女シンディがいる。純はこの頃はカラジシと呼ばれていて、それはアイルトン・セナが亡くなった時、泣いた純に対して、『セナで泣いてる唐獅子牡丹』から来ているという!)

アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ (字幕版)

アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ (字幕版)

アイルトン・セナ, アラン・プロスト, フランク・ウィリアムズ
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
そしてゴミに出されていた柱時計は、間違えてゴミに出したと言って取りに来たのが、純がこれから仲良くなっていくシュウだ!

(これはゴミ焼却炉の前で落ち込んでいるシュウ。実は柱時計は使えると思い、純は五郎にプレゼントしていたんだw)

 

 

DVD「北の国から」より

純「結婚すれば、その大人と」

ASA
純は時々、レイちゃんに会っている。都会に住んで洗練され、すっかりキレイになったレイちゃん。

そこでレイちゃんは純に、ビジネスマンにプロポーズをされた、というが、純はそれに対して何も言わない。。。

遠くに暮らす二人は少し前から、ギクシャクしているんだ

 

 

 

DVD「北の国から」より

 

キツツキ
それから純は五郎にあげていた柱時計をシュウに返し、そのお礼がしたいというシュウと電話番号を交換したんだ。

その夜、早速シュウと会うために、純は彼女に電話をして喫茶店で会ったんだ!(シュウも昔、東京に住んでいたとかで、話は盛り上がる。しかし二人とも東京には苦い思い出があるんだ)

 

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
その夜、純が家に帰ると、蛍のことを訪ねる男から電話があった!蛍はこっちにはいないというと、電話をガチャ切り。誰だ!?

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
純はシュウを五郎の元に連れてきた!テレビもなく、原始的な生活をする五郎に、シュウは感動しているw

そしてシュウを家に送っていった純は、シュウに好きと言われるんだ。

(シュウと会った五郎は、人の出す生ゴミを拾って堆肥にしたり、仕入れだといって捨てられている規格外品のニンジンを畑で勝手に拾ったり、相変わらずのことをしている笑。でもそんな昔から変わらない五郎こそ五郎だ!)

 

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
純は家に帰ると正吉の置き手紙。蛍の恋人、勇次から何度も電話があったという!どうやら、蛍が行方不明になったらしい。。。

そして蛍の勤める病院に電話をするも、蛍は先週いっぱいで辞めたという!!

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
純と正吉は、札幌で勇次さんと会うことに。

蛍はお世話になった大学病院の医師と不倫をし、その医師も大学病院を辞め、二人とも行方不明だという。。。

 

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
純のところへ男が二人。黒木(蛍の不倫相手)の息子とその友人。いきなり現れて、暴れる黒木の息子の友人。。。

黒木の息子は最後に謝り、お互いに見つかったら連絡をということに(正吉は自衛隊上がりだからか、すごく強くて、頼もしい!!そして黒木の息子の友人は興奮しすぎたのか靴を履かずに帰るw)

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
大きくなった広介、純が仕事のゴミで集めたエロ本を純からもらっているw

そして広介はそのエロ本の中に「森田あかね」という名前で出ている女性がシュウに間違いない、と正吉に教える。しかし正吉は純にはすぐに教えない。。。

 

 

DVD「北の国から」より

ASA
そんな中、蛍が純のところへ!!

蛍はほとんど何も言わず、純に「お金を貸して」と言い、純は手持ちの金を貸した。

蛍はすぐに夜行列車で根室へ向かい、根室のそばの落石にある診療所で、不倫相手の医師と一緒に働くという。(純が蛍の不倫相手の黒木の息子に電話をかけようとするが、蛍が止めた)

 

 

DVD「北の国から」より

キツツキ
蛍を駅まで送る純、蛍の不倫相手はチェロを弾く評判の悪い医師。蛍の方が惚れ込んでしまったという

 

 

DVD「北の国から」より

蛍「先生が言ったわ。嘘はあるときは幸せを保つ人類最大の発明だ、って」

 

ASA
不倫相手の元へ向かうために駅へ向かう蛍。

その背中に純は今まで見たことない、家族とかといういろいろなシガラミを拒む蛍の姿を見ていた。。。

 

続く

「北の国から」⇓これで見れますw!

 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク