デマがデマであるために

「◯◯がありません」ツイートやめませんか?

今、デマで紙製品が無くなっている。

 

家には充分あるのに、不安を煽られて、必要以上に購入する。

 

デマだと分かっても、憶測を働かせて、不安になる。

デマはデマとしてだけではなく、「デマではない」としてデマの拡散効果がある。

 

いくら間違えた情報でも不安を煽られるだけで、人は動く。

 

デマだと分かっているけれど、『不安だー』ってなる。

そして買う。

無駄に買う。

物は本当に必要な人のところへ届かず、そこまで必要でない人のストックが増えるだけ。

 

 

そしてお店には物が無い。

「◯◯がありません!」ってツイートやインスタが増える。

そしてさらに不安になる。

必死でそれを買いに行く。

 

とりあえず、「◯◯がありません!」の拡散をやめましょう!

 

誰かの無駄足を止めるのには良い情報かも知れませんが、主には不安が広がっているだけ。

 

 

デマかも知れないし、デマではないかも知れない

でも火の無いところに煙は立たぬ。

 

第一次発信者はデマからの憶測か、それとも詳しい人から聞いたことかはわからない。

 

面白半分かも知れないし、真面目に伝えたのかも知れない。どんな理由であれ、不安は広がる。

 

実際、このコロナウイルスでは、マスクが不足している。

これが何よりの引き金ではあるのだが、お店にはマスクが無い。

開店何時間前に並んで、一箱のマスクを手に入れる状態。

 

でも街ゆく人を見ると、皆マスクをしている。

 

しかし体調の問題でマスクが必要なのに持っていない人もいると思う。

たぶん今、持っている人はたくさんあって、持っていない人は手に入れられない状態。

 

売れるからよいかもしれないメーカーもあるが、必要なものが必要な人に届いていない今。

デマに対する規制が必要では?

デマが収まった時に、デマの第一発信者を見つけ出し何かしらの注意をするとか。(デマの定義が難しいけど)

 

 

 

っていうか戦時下

外出禁止とか、物資の不足とか、これ歴史の勉強で、戦争中のことだと聞いた。

 

同じ状態?

 

今こそ政府の言うことには注意をしないといけない。

 

国民をコントロールしやすい状態にあるのだと思う。(戦争は体験していませんが。。。)

誰も教えてくれない 戦時下ニッポンあるある (JJブック)

誰も教えてくれない 戦時下ニッポンあるある (JJブック)

540円(06/01 15:56時点)
発売日: 2017/07/14
Amazonの情報を掲載しています

 

 

親への補償、育休は法律

登校禁止は子どもたちを守るためというのは(なんとなく)分かる。

 

でもそれなら毎年、インフルエンザもあるのだから、毎年、登校禁止を行うべきではないの?

大幸薬品 クレベリン 置き型 60g×2個セット

大幸薬品 クレベリン 置き型 60g×2個セット

2,050円(06/01 15:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

そしてその保護者への補償。

小中高の子を持つ親が仕事を休んだ場合、給与の補償をすると言うのは決まったよう。でも個人事業主は対象外という意味不明。

 

でもこれ、会社で言えば、就業規則レベルの看護休暇ではなく、いつでも国レベルの補償にしたほうがいいんじゃない?

育休こそ、今なんとか広がりつつあるけれど、大会社で余裕のあるところだけが、社員に育休を推奨して、自分の会社の良さを主張する錦の御旗になっていることが大半。

 

 

この際、育休は法律レベルの命令にすれば良い。

総務担当者のための産休・育休の実務がわかる本

総務担当者のための産休・育休の実務がわかる本

宮武 貴美
2,200円(06/02 00:42時点)
発売日: 2019/10/19
Amazonの情報を掲載しています

育休して当たり前だし、育休していないことを後ろめたく思わせる。罰則はないけど、法律違反、というレベルから。

 

 

そしたら子どもを育てるということにもっと使命感とか持つんじゃないかな?まあ休みができたと喜ぶお父さんが増えるだけかも知れないけれど。今回の子どもの休校のように。

 

 

まあ始まりはいつもそんなもの。もっと色々と余裕のある社会を目指せればいいとこの騒動で思う。

 

 

追記:2020.3.3現在、ティッシュはボチボチお店にあるのを目にする。いい加減みんな不安以上に、デマが馬鹿げていると分かってきたのだろう。

 

それにしても割と多くのお店では、ちょっと高いティッシュや、(⇓異常な値段でポチらないように!)

箱のないティッシュボックスに入れるタイプのティッシュはずっと残っている。

買い過ぎても何使うし、デマかもしれないけれど、買っていても損は無いという判断で動いていることがわかる。。。

 

恐る恐るデマを信じ、デマに流される社会に流されているんだろう。

 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク